自己肯定感が低い人が試したい、5つのメンタルトレーニング

自己肯定感が低い人が試したい、5つのメンタルトレーニング
自己肯定感が低いと自分に自信が持てないし、新しいことにチャレンジしたいと思っても最初の一歩を躊躇してしまいますよね。一歩踏み出そうとした瞬間、「私なんかにできるわけがない」「失敗するに決まっている」というお決まりのセリフが頭の中をよぎります。

自己肯定感はこれまでの経験によって培われます。また、ある出来事をきっかけに自己肯定感が飛躍的に高くなったり、反対にこれまでの自己肯定感が全てガラガラドンと崩れさることもあります。

自己肯定感が低い原因はこれまでの経験や大きな出来事、あるいは性格によることが多いです。同じ経験をしたのに、ある人にとっては自己肯定感を高める出来事になり、ある人にとっては自己肯定感を打ち消す出来事になるということもあるのです。

自己肯定感が低い人、自己肯定感を得にくい人が自己肯定感を高めるためにはどうすればよいのか。ということで、今回は自己肯定感を高めるメンタルトレーニングをお伝えします。



 

自己肯定感が低い人が試したい、5つのメンタルトレーニング

 

失敗ではなく成功の数を数えてみること


一日の終わり、「今日はこんな失敗をした」「こんな失言をした」と失敗ばかりを思い出しては自己肯定感は低くなるばかりです。自己肯定感が低い方、失敗ではなくうまくいったこと、成功したこと、ほめられたことの数を数えてみましょう。

「仕事がうまくいった」「卵をうまく割れた」「上司からほめられた」と、成功の数を数えることで、脳は失敗ではなく成功体験をより深く記憶します。この成功体験が自己肯定感を高めるきっかけになるのです。

 

失敗の原因を分析してみること


失敗したときは落ち込んでいるだけではだめ、失敗の原因を分析してみましょう。取引先との約束をすっぽかしてしまったとき、約束をうっかりど忘れしてしまったのはなぜですか?他の仕事に気を取られていたから?それとも手帳に書き忘れたから?

失敗したとき、「私はだめな人間だ」といって落ち込むのは自分の全人格・能力すべてを否定することになります。失敗したとき「ここがだめだった」「この点で自分はミスをしてしまった」と失敗の原因を分析すれば、自分に落ち度や不足していたことはあれど、自分の全人格を否定することにはなりません。

全人格を否定しないので、自己肯定感が低くなるにしても、これまで積み上げてきた自己肯定感の全てがなくなることはないのです。失敗したとき、落ち込むのは失敗に対してきちんと向き合っているとはいえません。失敗したときは失敗にきちんと向き合い、失敗の原因を分析してみてくださいね

 

ちょっとしたチャレンジを繰り返すこと


自己肯定感は成功体験により高めることができます。ということで、自己肯定感が低い方、毎日ちょっとしたチャレンジをしてみましょう。これまでやったことがないこと、やってみたけど成功したことがないことにチャレンジしてみるのです。

大きなチャレンジである必要はありません。作ったことがない料理にチャレンジする、昔挫折した本をもう一度手にとってみる、なわとび○回ジョギング○キロというチャレンジもよいですね。

日々ちょっとしたチャレンジをしてちょっとした成功体験や達成感を味わうことで、自己肯定感もちょっとずつ高くなっていきますよ。

 

「ありがとう」と感謝されること


誰かに受け入れてもらったり、「ありがとう」と感謝されると「自分はここにいていい人間なんだ」「必要とされている」ことを実感でき、自己肯定感も高まりますよね。自己肯定感が低い方、周囲に対して優しくなってみたり、誰かに親切をしてみましょう。

電車で席をゆずる、道案内をしてあげる、困っている同僚や後輩を助けてあげてもよいですね、これまで面倒くさいと親切や手助けを避けていたのであれば、今こそ親切や手助けをしてみてください。「情けは人のためならず」、人のためにやってあげたことはやがて自分にかえってきます。

 

「自分はできる」と自己暗示をかけること


試験や試合、面接を前に低すぎる自己肯定感に悩んでいる方、鏡の自分に向かって「自分はできる」と話しかけてみましょう。「自分はできる」と繰り返し唱え、自分に言い聞かせることで、脳の潜在意識に刻みこまれます。

自己肯定感が低い方でも、試験や試合で自信を失わず、自分の本来の力を発揮できるようになります。また、成功した自分や面接のイメージトレーニングをするのも効果的です。「成功した自分」を繰り返しイメージすることで、脳はその気になりますよ。

 

いかがでしたか。以上が自己肯定感が低い人のための自己肯定感を高めるためのメンタルトレーニングでした。自己肯定感が低い人は、成功よりも失敗の記憶をより鮮明に覚えていることが多いです。一日の終わりには、その日一日の失敗の数ではなく成功の数を数えてみましょう。

成功の記憶をより深く脳に刻むのです。失敗に対しては、「自分はだめだ」と自分を全否定して落ち込むのではなく、きちんと失敗を分析し原因をつきとめること!こうすることで、自分の人格を否定するのではなく失敗した原因を反省したり改善することができます。

自己肯定感が低い人には成功体験や誰かからの感謝・必要とされている実感が必要です。毎日ちょっとしたチャレンジや親切を繰り返して、自己肯定感を高めましょう。

大切な試験や試合の前は「自分はできる」と自己暗示をかけてくださいね。成功をイメージすることで、自己肯定感を高めることができます。

まとめ

メンタルトレーニングで自己肯定感を高めるためには

・ 失敗ではなく成功の数を数えてみること
・ 失敗の原因を分析してみること
・ ちょっとしたチャレンジを繰り返すこと
・ 「ありがとう」と感謝されること
・ 「自分はできる」と自己暗示をかけること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c