好きな人ができたら試したい、親交を深める5つの会話術

好きな人ができたら試したい、親交を深める5つの会話術
好きな人ができたら、相手の顔が見れただけでも、ドキドキしてすごくうれしいですよね。すれ違っただけで、気分が上がるし、恋っていいなと感じます。

それに、好きな人ができたら、仲よくなりたい、その後、付き合えるといいなと願うのは自然のことです。だけど、好きな人と話すのって、緊張するし、何を話せば、自分に興味を持ってもらえるのか、悩んでしまいます。

話の内容によっては、親交を深めるどころか、付き合いづらいとか、苦手なタイプだと判断されてしまう可能性もあるからです。そんな風に思われるのは悲しいし、過去にそういう経験があれば、恋愛に臆病になってしまうでしょう。

これを回避するには、何時、どこで会っても大丈夫なように、準備しておけばいいのです。そこで今日は、好きな人ができたら試したい、親交を深める会話術を5つ、お伝えします。



 

好きな人ができたら試したい、
親交を深める5つの会話術

 

聞き上手になろう


いつもは、どちらかというと聞き役なのに、なぜかこの人と会話すると、話す方がメインになってしまうということってありますよね。それは、相手が聞き上手だから。

絶妙な相槌や質問など、きちんと話を聞いてくれるので、気付けば、自分ばかり話してしまっていたと感じるかもしれませんが、とても有意義な時間を過ごすことが出来ます。

だから、好きな人ができたら、あなたも聞き上手になると、相手のことを知ることが出来、親交も深まるので、試してみてください。

聞き上手になる為のポイントは、うなずきです。ワンパターンなうなずきは、話を聞いていないとか、興味がないと取られてしまう為、相手が楽しそうな時は、「ウン、ウン」と短めに、悲しい内容なら、黙ってゆっくりとうなずくなど、変化を持たせるようにすると、気持ちよく話してくれますよ。

 

相手をたくさん褒めよう


先ほどの聞き上手と同じように、相手が気分よく話してくれる方法が、褒めることです。あからさまに褒められるのは、何か意図がありそうで嫌ですが、いい感じで褒められると、うれしく、その相手に好意を持ちやすくなります。

そこで活躍するのが、「さしすせその法則」です。「さすがですね」「知らなかった」「すごい」「センスがいい」「そうなんですね」というさしすせそを使うと、人見知りや口下手の人でも、自然と会話が続くので、緊張せずに話すことが出来ますよ。

その際、気を付けたいのが、リアクションと声のトーン。オーバーリアクションでずっと褒めていると嫌味なので、声のトーンを一辺倒ではなく、リアクションと合わせて、高低を使い分けるといいですね。相手が気分が良いと感じる褒め具合を意識しましょう。

 

話しの中で共通点を見つけ出そう


共通点って、楽しい会話には必要なものです。趣味やスポーツなど、好きな物が同じだと、そこから親交を深めることが出来ますよね。

他にも、出身地や過去に住んでいた地域が一緒だと、あるある話で、話が盛り上がりやすいし、その県民の特性で、懐かしさを共感出来るでしょう。そういう会話は、あっという間に時間が経ち、充実感を得られるので、好きな人ができたら、試してみてくださいね。

もし、好きな物や興味があることで共通点が無くても、落ち込まなくて大丈夫です。苦手な食べ物や場所など、少し冗談混じりで話すと、相手も、同調してくれたり、自分はこうだと話してくれるので、笑顔で共通点を探してください。好きな人ができたら、共通点があるということも幸せに感じられるので、それを楽しみながら会話しましょう。

 

会話の中で上手に質問をしよう


好きな人ができたら、相手のことをもっと知りたいと思いますよね。でも、質問ばかりしていると、相手も答えるのが面倒になり、答えがどんどん短くなって、会話が成り立たなくなるので気を付けましょう。

この場合、相手が話していることに関しての質問をするのがおすすめで、会話の流れを断ち切ることもありません。話していることに対しての質問は、今までの話をしっかり聞き、理解しようという気持ちを感じられる為、答える側も適当にあしらうことはないので、話をもっと引き出すことが出来ます。

これは、楽しい話題にも共通する会話術なので、覚えておいて損はないですよ。しかし、的外れな質問をしてしまうと、あなたの印象を悪くする可能性もあるので、気を付けて試してください。

 

相手の見方になり共感しよう


誰にだって、味方がいれば敵とまではいかなくても、あなたのことを良く思っていない人が必ずいます。だからこそ、人は、共感してくれる人、そして共感する人に対して、信頼や好感を持つのです。

好きな人ができたら、共感することが多ければ多いほど安心出来、自分を無理に飾らなくても良いので、緊張せずに会話が出来るようになるでしょう。

共感することは、認めてもらえている、自分の見方だとお互いに感じることが出来、警戒心が無くなり、会話がスムーズになりますよ。

踏み込んだ話も増えるので、距離がグッと近づいたような感じがし、好きな人との時間が充実したものになるはずです。好きな人ができたら、話に共感し、相手の見方になれるよう、見聞を広めることに心がけてくださいね。

 

いかがでしたか。好きな人ができたら、顔が見たいし、声を聞きたい、一緒に楽しく過ごしたいと願うのは、誰でも同じですよね。少しのことでドキドキしたり、悲しくなったりと心の中は大忙しですが、これも恋愛の楽しさのひとつと言えるでしょう。

だけど、好きな人ができたら、その人のことをもっと知りたいと、話すきっかけを探しますよね。でも、せっかくチャンスが巡ってきたのに、何を話して良いのか分からなくなってしまったこと、きっとあるのではないでしょうか。

しかし、いつまでもこの状態では、カップルになるなんて、到底無理な話です。好きな人と自然に話をし、共感出来ることや共通点を見つけだし、仲よく楽しい時間を過ごすことを目標に、ご紹介した中で興味を持った会話術を試してみてください。

まとめ

好きな人ができたら試したい会話術とは

・ 聞き上手になろう
・ 相手をたくさん褒めよう
・ 話しの中で共通点を見つけ出そう
・ 会話の中で上手に質問をしよう
・ 相手の見方になり共感しよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c