コミュ力に自信無い人必見!職場トラブルを防止するコツ

コミュ力に自信無い人必見!職場トラブルを防止するコツ
コミュ力に自信が無い人にとって、職場トラブルは常に懸念事項、避けようと気を付けているのにコミュ力不足のせいでなぜか自分がトラブルの種をまいてしまったりトラブルの渦中にいたなんてこと、ありますよね。

一口にコミュ力が無いといっても、その症状やタイプは様々、職場で一日中だまり込んでいる貝タイプのコミュ力不足もいれば、考えなしにペラペラしゃべってトラブルを巻き起こす「口は災いの元」タイプのコミュ力不足もいます。

自分にはそのつもりは全くなく、悪気なしに同僚を傷つけてしまうという方もいるでしょう。どのタイプのコミュ力不足も職場トラブルを引き起こす可能性あり!

一度ならず二度三度とトラブルを起こして、ついに職場でぼっちになってしまなんてことも!?ということで、今回は、コミュ力に自信のない方のために職場トラブルを防止するコツをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

友達がいないと悩んだら読む、気の合う人に巡りあう方法

友達がいないと悩んだら読む、気の合う人に巡りあう方法
友達がいないのは気楽な反面、寂しいなと思うこともありますよね。友達がほしいなと思っても、大人はなかなか新しい友達を作れないもの。子供の頃は初めて会ったときから友達になれるのに、どうして年齢を重ねれば重ねるほど、友達を作るのが難しくなるのでしょう。

経験値は上がっているはずなのに……不思議です。この人と友達になりたいと思うストライクゾーンが狭くなっているせいかもしれません。

子供の頃は家が近いというだけで友達になることができたのに、大人になると、「生活レベルは?結婚は?子供は?趣味は?話が合うかしら」と友達になりたいチェックリストの項目がずらり。

友達になりたいと思う人と巡りあうのもなかなか難しいですが、一生の友達になるのかもしれないのだし、チェックリストの項目を削るよりは本当に気の合う人と友達になりたいですよね。ということで、今回は友達がいないとき気の合う人に巡りあう方法をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

束縛してくる彼女に悩んだら読む、うまく距離をとる秘訣

束縛してくる彼女に悩んだら読む、うまく距離をとる秘訣
「ちょっとした束縛なら彼女の愛情」と大目に見ることができても、彼女の束縛が、あなたの私生活にも支障をきたしかねないレベルとなると、これはゆゆしき大問題ですよね。

あなたの一挙手一投足にまで目を光らせ、あなたの交友関係を管理したがるような束縛彼女とは、うまく一定の距離を保ってつきあっていかないと、2人の仲はもちろんのこと、あなた自身の本業(仕事や勉学など)や人間関係にまで影響を及ぼしかねません。

現時点でうんざりしていて、別れを考えているならともかく、「そんな面さえ直してくれたらもっと穏やかにつきあえるのに」と心底悩んでいるあなたのために、今回は、束縛したがる彼女と適度な距離をとるための方法についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

視線から相手の心理を読みといて気のきく人になる方法

視線から相手の心理を読みといて気のきく人になる方法
視線で相手の心理が理解できるようになったら、人間関係はとてもスムーズになるはずですよね。視線や目の動き方はその瞬間に考えていることや、心理状態を示すボディランゲージのひとつです。

視線で心理を読み取るなんて、プロがやるようなテクニックに思いますが、実は人間は生まれてからすぐ、4歳ぐらいの年齢ですでに視線で心理を読み取るスキルが形成されるともいわれています。

難しいことのように見えますが、ちょっとした視線の基本さえつかんでおけば、相手の気持ちを簡単に読み取り、そして気が利く人になることは可能なのです。

怒った視線、笑っている時の視線など喜怒哀楽を一番示しやすい目の動きとはなにか、色々なパターンからわかる心理状態を早速お伝えします。
[ 続きを読む… ]

彼氏に依存したくない人が読む、適度に良い関係を守るコツ

彼氏に依存したくない人が読む、適度に良い関係を守るコツ
恋愛がもたらしてくれる幸福感は格別なものですが、夢中になりすぎて彼氏に依存しまっては、あなた自身の世界が狭まるだけではなく、大好きな彼氏からもちょっと引かれる可能性が高くなってしまいますよね。

素敵な恋愛を長続きさせる秘訣は、「適度な距離感」。一方で「彼氏に依存したくない、でも気になってしまって仕方ない」と恋する乙女ならではの悩みを抱えている女性も少なくないことでしょう。

そこで今回は、2人の絆を末永く紡いでいくために覚えておきたい、気持ちの切り替え方についてお伝えします。いくら仲の良いカップルでも、366日一緒にいるわけにはいきませんよね。離れている時間をいかに充実させるかが、恋を愛に変化させ、さらに発展させていくコツになるのです。
[ 続きを読む… ]