コーヒーが脂肪燃焼を促進する5つの理由

コーヒーが脂肪燃焼を促進する5つの理由
毎日飲むコーヒーに脂肪燃焼を促進する効果があったら、こんなにうれしい話はないですよね。そんなコーヒー好きの方に朗報!巷で噂される通り、コーヒーには脂肪燃焼を促進する効果があります。コーヒーダイエットはコーヒーが持つ脂肪燃焼を促進する効果を利用したダイエットなのです。

しかし、「毎日コーヒーを飲んでいるけど全然痩せないぞ」という方もいるでしょう。コーヒーが脂肪燃焼を促進する理由を知ることで、コーヒーダイエットに成功しやすくなりますよ。

ということで、「そんなうまい話があるわけないじゃないか」「俺は騙されないぞ」という方のために、コーヒーが脂肪燃焼を促進する5つの理由をお伝えします。コーヒーでダイエットに成功したい方、あるいは毎日コーヒーを飲んでいるのに全く痩せないという方、ぜひ参考にしてください。

カフェインが脂肪分解酵素リパーゼの働きを助けるため

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪分解酵素リパーゼの働きを助ける効果があります。カフェインによって活発になったリパーゼは体についた脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解、脂肪酸が血液中に放出されます。血液中に放出された脂肪酸は筋肉に取り込まれエネルギーとして消費されます。

つまり、カフェインによってリパーゼの働きが活発になると、体脂肪がどんどん分解されエネルギーとして消費されやすくなるということ。これが、コーヒーが脂肪燃焼を促進するといわれる理由の一つ目です。

 

カフェインが血行をよくして基礎代謝をアップさせるため

カフェインには全身の血行をよくする働きもあります。血行がよくなれば体温があがります。体温が高くなるということは、体温をあげるためにエネルギーが消費されるということ!体温をあげるために体脂肪が燃焼される、これがコーヒーが脂肪燃焼を促進する理由の二つ目です。

コーヒーは朝食時など一日の活動を始める前や運動前に飲むのがおすすめ!コーヒーによって全身の血行がよくなるため運動の効果が高まりますし、体を動かすことでさらに体温が高くなりやすくなります。

 

カフェインが脳を興奮させ食欲を減退させるため

カフェインには興奮作用があります。カフェインによって脳が興奮すると食欲は減退します。運動中や勉強や仕事に集中しているとき、お腹はすいているはずなのになぜか空腹感を覚えない・食欲がないということ、ありますよね。それは脳が興奮しているから!

コーヒーを飲んだ後も脳では同じことが起きています。食欲が減退し空腹の時間が長くなる、あるいは食事の量が減ると、食事から摂取できなかったエネルギー分は体脂肪で補います。

これがコーヒーが脂肪燃焼を促進する理由の三つ目!コーヒーは食事前や食事と食事の合間、お腹がすいておやつに手が伸びそうになったときに飲むのがおすすめです。

 

クロロゲン酸が糖分の吸収を抑制するため

コーヒーに含まれるもう一つのダイエット成分がクロロゲン酸!クロロゲン酸には糖分の吸収を抑制する効果があります。クロロゲン酸により糖分の吸収が抑制されると、体は足りない分のエネルギーを体脂肪でまかないます。

これがコーヒーが脂肪燃焼を促進する理由の4つ目!クロロゲン酸は糖分の吸収を抑制してくれるため、血糖値の上昇もゆるやかになりますよ。特に血糖値が高い方は食事の前後にコーヒーを飲むのがおすすめです。

 

低カロリーのコーヒーによりおやつで太るのを防げるため

ブラックコーヒーは低カロリーの飲み物で、カロリーは100mlあたり4~5キロカロリーです。無糖のお茶や紅茶と大体同じですね。おやつのジュースや牛乳、砂糖やミルクを加えたコーヒーをブラックコーヒーにかえることで、おやつからの摂取カロリーを少なくすることができます。

おやつのカロリーを抑えることができれば、その分脂肪が燃焼しやすくなります。また、おやつのお菓子や果物をやめブラックコーヒーだけにすれば、おやつでの摂取カロリーがほぼゼロになるため、さらにダイエットがはかどりますよ。

ちなみに、小さじ1杯分の砂糖は約20キロカロリーです。コーヒーに砂糖を加えるとその分カロリーは高くなりコーヒーのダイエット効果は小さくなるので、コーヒーダイエットではブラックコーヒーを飲んでくださいね。

 

以上がコーヒーが脂肪燃焼を促進する5つの理由でした。コーヒーに含まれる主なダイエット成分はカフェインとクロロゲン酸です。カフェインが脂肪分解酵素リパーゼの働きを助けたり全身の血行をよくする、また脳を興奮させ食欲を減退させることで、脂肪が燃焼しやすくなります。

クロロゲン酸は糖分の吸収を抑制してくれますよ。カフェインやクロロゲン酸の脂肪燃焼効果を利用するためには、食事や運動前、おやつを食べたくなったときにコーヒーを飲むのがおすすめです。コーヒーの脂肪燃焼効果でダイエットをしたいときには、必ずブラックコーヒーを飲みましょう。

おやつをジュースやお菓子からブラックコーヒーに置き換えることで、おやつで太るのを防ぐことができますし、食欲を減退させ空腹をまぎらわすことができます。

まとめ

コーヒーが脂肪燃焼を促進する理由は

・ カフェインが脂肪分解酵素リパーゼの働きを助けるため
・ カフェインが血行をよくして基礎代謝をアップさせるため
・ カフェインが脳を興奮させ食欲を減退させるため
・ クロロゲン酸が糖分の吸収を抑制するため
・ 低カロリーのコーヒーによりおやつで太るのを防げるため


連記事