冠婚葬祭

冠婚葬祭のマナー

お車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いとは

結婚式で遠方からのゲスト、あるいは仲人さんや主賓など結婚式でお世話になった方にはお車代を封筒で渡しますよね。お車代には「遠方からの交通費や宿泊費をこちらで負担します」という意味、それに、お世話になったことに対するお礼の意味もあります。 結婚式以外、たとえば法事でもお車代を渡すことはあります。ただ、お車代を封筒...
その他の記事

ベテランでも再度確認しておきたいお通夜でのマナー

お通夜のマナーは知っているようで実際には戸惑ってしまうことが色々ありますよね。失敗できない緊張の連続で、マナー知らずだと遺族に失礼にもなってしまいます。 お通夜のマナーは心得ているつもりでも意外と間違ってしまう落とし穴がいくつもあり、本来の作法ができないと後で後悔する場合もあるでしょう。私たちは普段お通夜に行...
冠婚葬祭のマナー

お焼香のマナーを守って恥をかかない5つのポイント

お焼香の瞬間、どうやってやるのかわからず周囲をきょろきょろするのはとても恥ずかしいですよね。冠婚葬祭のマナーは練習するにもチャンスが少なく、ぶっつけ本番になってしまう場合がほとんどです。 結婚式ならワイワイしているので多少の失敗があっても許されるかもしれませんが、不幸な場面では相手にも失礼になりますので最低限...
冠婚葬祭のマナー

初めての人必見!わかりやすいお通夜のマナー

初めてお通夜に行くとき、お通夜のマナーが分からないために、緊張したり失敗や失態をおかしてしまうことがありますよね。お通夜の決まりややり方は宗派によって異なりますが、どの宗派のお通夜に参列するにしても、守らなければいけない基本的なお通夜のマナーがあります。 お通夜のマナーを知っていないと、遺族や他の参列者に失礼...
冠婚葬祭のマナー

お焼香の時によくやってしまう5つの間違いとは

お通夜やお葬式のお焼香、普段やり慣れていないだけに正しい方法が分かりにくいですよね。「この方法や手順で合っているんだっけ」「間違った方法でやっている気がする」とおろおろとお焼香をやってしまう方は多いのでは? また、「次までに正しい方法を調べておくぞ」と決意たはずなのに、お葬式から帰ったらそんなことはすっかり忘...
冠婚葬祭のマナー

お祝い金で悩んだら読む、知っておきたい社会の常識

お祝い金はいくらが妥当なのか、またどんな場面で必要なのか頭を悩ませる時がありますが、お祝い金での失敗は避けたいですよね。長い人生、赤ちゃんが生まれた時の誕生祝に始まり入学祝、就職祝い、結婚祝いなどあらゆるシーンでお祝い金を包まないといけない時があります。 その都度困るのが相場となる金額。昔と比べて今の時代は物...
冠婚葬祭のマナー

お車代の相場を調べる時に注意しておきたい5つのポイント

冠婚葬祭でお車代を渡す時がありますが、お車代の相場っていくらなのか見当がつかない人のほうが多いですよね。遠方からやってきた人がお車代が少なくて後で愚痴をこぼしていたなんて話を聞きます。結婚式などの大切なイベントには遠方から訪れる人も多く、飛行機や電車賃だけでもかなりの負担になるもの。 お車代の相場に関してはト...
冠婚葬祭のマナー

お車代の相場を知って、適切な対応をする5つのコツ

大人として知っておくべきは冠婚葬祭のマナーですが、ある程度のことはなんとなくわかっていても、お車代の相場といったちょっとつっこんだこととなると自信がなくなってしまいますよね。そもそも「お車代」とは結婚式などに参列いただいたゲストに渡すお礼のこと。 すべてのゲストではなく「特にお礼をしたい人」「遠方から駆けつけ...
冠婚葬祭のマナー

お祝い金の渡し方を学んで、先方に喜ばれる5つのポイント

いろんな慶事に際してつきものなのが「お祝い金」ですよね。場合によっては現金書留で郵送することもあるかもしれませんが、たいていは手渡しになるのではないでしょうか。祝儀袋の選び方、包み方、渡すときのマナー……いろいろとポイントがあり、どれもわりと他人の目につくことばかり。 120%完璧に、と気負うと疲れてしまいま...
冠婚葬祭のマナー

お焼香のやり方を覚えて、急な葬儀で焦らないポイント

何度経験してもお焼香のやり方ってよくわからない……毎回葬儀の度にドキドキしたり前の人を盗み見ながら焼香をしてしまいますよね。焼香が終わるまで、ドキドキしながら読経をきいたり、故人をしのぶのに集中できないという方も多いのでは? また、毎回前の人をまねしながらお焼香をするけど、その前の人のお焼香のやり方が毎回違う...
冠婚葬祭のマナー

お通夜の服装で女性が守りたい5つのエチケット

訃報を受けて、急にお通夜に参列することがありますよね。でも、お通夜の服装で女性が身だしなみのマナーをうっかり犯してしまうことがあるんです。 お通夜や葬儀、告別式は、故人との最期のお別れの場。お通夜は、急なことなので準備する時間がないこともありますが、その場にふさわしい服装で参列しないと、故人や遺族にお悔やみの...
冠婚葬祭のマナー

49日の服装で注意しておきたい5つのポイント

いろんなところで取り上げられているお葬式やお通夜と比べて、悩んでしまうのが「49日」の服装ですよね。そもそも「49日」とは(仏教において:浄土真宗を除く)死者の魂がこの世とあの世の間をさまよっている期間のこと。 輪廻転生の準備をしている死者の魂に対して、遺族が丁寧に冥福を祈ることで、無事にその魂が極楽浄土へと...
冠婚葬祭のマナー

意外と間違ってる、お通夜での数珠の5つの扱い方

お葬式やお通夜でのマナーは難しいもの、特にお葬式やお通夜での正しい数珠の扱い方は難しいですよね。学校で「数珠はこうやって持つのですよ」と教えられたりしないし、お寺のお坊さんも教えてくれません。 「分からないのならまわりと同じようにするまでよ」とお通夜で周りを見回せば、みなさん、思い思いに数珠を扱っていますから...
冠婚葬祭のマナー

お布施の書き方で間違えやすい5つのポイント

お葬式や法事のときのお布施の書き方に悩むことがありますよね。身内や友人に渡すお祝いなら、書き方が少々間違っていても笑い話で済みますが、お寺に渡すお布施の書き方での失敗や無礼は笑い話では済みません。 かといって、いい年になると今更親や親戚のおばさんに「お布施の書き方を教えて」なんて訊けもせず……これはこれで「今...
冠婚葬祭のマナー

お彼岸とは何かを理解して、先祖を供養する方法

お彼岸とは、と聞かれたらたいてい「お墓参りに行く日」という答えが返ってきそうですよね。その答え、正解です!そもそもお彼岸とは、春分の日と秋分の日を「彼岸の中日」としてその前後3日間を含めた合計7日間を指し、この期間にお墓の掃除や墓参、法事を行い故人を偲ぶのが通例です。 もちろん昔に比べライフスタイルが変わって...
冠婚葬祭のマナー

お車代を渡す時に知っておきたい書き方のポイント

冠婚葬祭につきものの「お車代」も具体的な書き方について聞かれると、「あれ、どうだったかな」なんて悩んでしまいますよね。ちなみにお車代とは「ホスト側が遠方から来てくれるゲストに対してお渡しする交通費・気持ち」のことです。 交通費+宿泊費が2万円を超えるゲストに対してお渡しするのが一般的とされています。友人・社会...
冠婚葬祭のマナー

49日の服装で悩んだら読む、知っておきたい5つのマナー

お葬式や49日の服装ではマナーを守ることが大切ですよね。お通夜やお葬式なら喪服で決まりですが、49日では喪服を着ていけばいいのか、他の参列者や遺族が喪服でないのに自分だけ喪服を着ていったら浮くのでは?と心配になります。 また、49日や三回忌などの法事の服装では、着るもの以外にも決まりやマナーがあります。衣服は...
タイトルとURLをコピーしました