仕事休む理由で悩む人必見!スムーズに休暇を申請する方法

仕事休む理由で悩む人必見!スムーズに休暇を申請する方法
仕事を休む理由は色々ありますが、できるだけ上司に納得してもらえる妥当な言い訳があると良いですよね。職場の雰囲気によっては有給が取りづらいところも多く、皆さん無理をして毎日仕事をしないといけない場合もあります。

風邪をひいた時のような仕事を休む理由なら仕方がありませんが、気分をリフレッシュするために休暇を取りた時もあります。そんな場合、正直な理由で休暇を申請すると却下される可能性もあるのです。

仕事をさらに頑張るために、休暇をとって気分転換することはとても大切ですが、一番困難なのはどうやって仕事を休む理由を考えるかという点です。そこで早速ですが、毎日疲れている人にオススメの、仕事を休む理由をスムーズに申請する方法をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

仕事を休みたいけど休めない時必見!机でできるリラックス術

仕事を休みたいけど休めない時必見!机でできるリラックス術
仕事を休みたいけど山積みになった作業がある時は、ひと息入れるのすら難しいですよね。無理して仕事を続けると、思考力も劣りミスをする原因になります。

こんな忙しい時やプレッシャーがある場合は、仕事を休みたいと思う自分の気持ちに正直にならないといけません。ではどうすれば仕事を休みたいけど休めない悩みは解決できるのでしょうか。

体に無理をしたら病気になり、長期的に仕事ができなくなる可能性もあります。疲れたと感じた時にはさっと簡単にできる方法でリラックスするとよいでしょう。

本当ならば休暇を取ってのんびりリゾート地にでも行きたいところですが、そんな夢を叶える前にまずは日常の中で上手に疲労回復をしてください。では本日は早速ですが、仕事を休みたいけど休めない時に、机でできるリラックス術をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

話術を磨いて、取引先と良好な関係を築く5つの方法

話術を磨いて、取引先と良好な関係を築く5つの方法
話術一つで、売り一つ・取柄一つない自社の商品を取引先に売りつける、まさに営業マンの鑑ですよね。営業マンなったからには、そうよくもない自社の商品や企画に話術というキラキラの包装紙で飾り立てることができる営業マンになりたいものです。

一方で、完璧な資料を用意しプレゼンもばっちり練習してきたのに、話術の差でライバル会社の売り込みに負けてしまったという苦い経験をお持ちの方もいるでしょう。

見積書やプレゼンが完璧でも、商談は人と人とのコミュニケーションの場、見積書を示すまでに話術で取引先のハートをつかまなければ、見積書やプレゼンを用意したときの苦労が報われることはありません。

さらにいえば、多少見積で取引先の希望を叶えることができなかったとしても、話術を駆使し取引先を懐柔することで、契約をゲットできることもあります。ということで、今回は話術を磨いて取引先と良好な関係を築く5つの方法をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

思考力を高めて新しい仕事のアイデアをひらめかせる術

思考力を高めて新しい仕事のアイデアをひらめかせる術
思考力によって新しい仕事のアイデアを次々と生み出す人を見ると、「自分もああなりたいなあ」と思いますよね。職場のカリスマやアイデアマンになるためには、アイデアを生み出す源である思考力を高める必要があります。

思考力を高める……いまいちピンとこないかもしれませんが、毎日の変わり映えのない仕事や家事の最中、ちょっと考え方を工夫したりいつもと違う仕事の方法を試してみるだけで、思考力を身につけることができます。

ということで、今回は思考力を高めて新しい仕事のアイデアをひらめかせる術をお伝えします。クリエイティブな仕事をしている方はもちろん、上司から「面白味がない、アイデアが足りない」と言われた方、また自分のアイデアの枯渇に不安を覚えている方、ぜひ参考にしてください。
[ 続きを読む… ]

仕事でやる気でない人必見!気持ちをぐんぐん引き上げるコツ

仕事でやる気でない人必見!気持ちをぐんぐん引き上げるコツ
仕事でやる気でない……やらなきゃいけないことは山積みで締切も迫っている、仕事が終わらないうちは家に帰れない!そんなことは十分わかっているのに、それでも仕事のやる気でないということ、ありますよね。

頭では仕事をしなきゃと焦っているのに、心が仕事に向いていない・どれだけ奮起を促してもやる気が湧いてこないというとき、どうすれば仕事のやる気を引き出すことができるのか。

上司に怒られてみる?あえて締切ぎりぎりまで仕事をさぼって、未来の自分のがんばりに託してみる?それとも……ということで、今回は仕事でやる気でないときのための気持ちをぐんぐん引き上げるコツをお伝えします。

わざと上司に怒られてお尻に火をつけてもらうのもよいですが、それよりもずっと気持ちよく仕事にとりかかるコツがありますよ。ぜひ参考にしてください。
[ 続きを読む… ]